先日、大関だった稀勢の里が初優勝し、晴れて横綱に昇進しました。
今や稀勢の里フィーバーとなっている相撲界です。
19年前に若乃花である花田勝さんが横綱に昇進して以来の日本人横綱の誕生でした。
奉納土俵入りの際には、入場規制がかけられるほどの大フィーバーになりました。
友人に聞くと若者の街の原宿も相撲ファンでごったがえすほどのすごいフィーバーとなりました。
誰もがそれだけ日本人横綱の誕生を楽しみに待っていたということになります。
私は、最初のうちよりも最近の方が稀勢の里は力士らしくなったなと思いました。
実際の土俵入りがテレビ中継されることも異例中の異例だったことからもわかるように日本人横綱誕生は微笑ましいことであると思いました。

これから始まる春場所が楽しみです。
また、相撲女子の血が騒ぐといっても過言ではありません。
今頃大阪にいると思いますが、大阪の相撲女子はきっと喜んでいると思います。
春場所が楽しみです。